前へ
次へ

多くの医療機関で導入されていること

診察や検査をする際に同じ医療機関を受診した人に感染症などが広がらないようにするため、基本的には使い捨てのものを使っているというところは多いです。
滅菌をして医療器具を使うということもありますが、使い捨てのものであれば滅菌消毒をする手間を省くことができます。
また滅菌消毒も完全に行わないと不衛生になってしまいますし、使用をすることそのものが危険になってしまいます。
器具に関してはしっかりと管理をされているはずですが、受診者がチェックをすることはできないので、かなり難しいです。
使い捨てのものであれば、受診者ごとに新しいものを使うことになるので消毒なども気にすることがありません。
検査を行う際に紙のシートを使って終わったら廃棄をする、ということにすれば衛生面も安全ですし、受診者も使い捨てのものを使っているということが分かるので、それだけでも安心出来るでしょう。
検査を受けて病気をもらってしまったということがあってはいけません。

Page Top